高1・高2の冬休み | 偏差値を3か月で10上げる京大模試全国1位の合格をつかむ受験勉強法

100ページを超える勉強ノウハウ集『合格虎の巻』無料プレゼント中

高1・高2は先取りよりも復習を!

休みを利用して復習しよう

 

冬休みは「復習」をするべき理由

こんにちは、シノハラです。

 

復習をしましょう。
特に不得意科目の復習をしてください。

 

高1なら、1学期と2学期の内容を、
高2なら、高1と高2のこれまでの内容を、
復習してください。

 

大事なことは、予習よりも復習の方が要領がいいということ。

 

模試もあると思いますが、
その模試対策を含めて、これまでの内容を復習してください。

 

こんにちは、シノハラです。
冬休みは、勉強のためにまとまった時間を作ることができる貴重な期間です。
今回の記事では、高校1年生と2年生が、
冬休みにどのような勉強をすれば良いかを説明します。

 

高校1年生は、中学と高1(1、2学期)に習ったことの復習をしてください。
これは、冬休みの課題よりも重要です。復習を面倒だと思う人もいるかもしれません。
けれども、一度理解できたことをもう一度勉強するのは、かかる労力は少ないのに、
実力はものすごくつきます。

 

高校2年生も1年生と同じように復習(高1、高2の1、2学期)をしてほしいのですが、
高校2年生は苦手の克服に重点を置いてください
苦手科目は、受験生にとっての死神です。
受験科目に1教科でも苦手な科目があると、本番で焦ってしまい、
得意な教科にまで悪影響を与えてしまいます。
ですから、比較的時間の取りやすい高2の冬休みのうちに
死神を倒しておいてください

 

苦手だと思っている科目も、自分が思い込んでいるだけで、
勉強すれば必ずできるようになります。
同年代の高校生が出来ることが、
自分にだけ出来ないということはありえないのです。

 

冬休みにしっかり復習をして、1年後又は2年後の受験のために、
しっかり土台作りをしてくださいね。

 

読んでいただき、ありがとうございました♪

 

著者プロフィール

 

篠原 好

 

世界のシノハラ。
京大模試全国1位を獲り、京都大学総合人間学部(文系)に合格。
また早稲田大学政治経済学部にもE判定から1か月で逆転合格。
この経験をもとにYouTubeで勉強ノウハウを配信し、1500万回再生を突破する受験戦略家。

 

高校生の頃は英語の小テストをカンニングで乗り切り、化学で学年最下位を取る。
大学受験をナメており、現役での受験は失敗。
1年の浪人期間中に試行錯誤の中で「勉強戦略」を立て、最高偏差値84.9を獲る(数学)。

 

京大在学中にゼロからはじめて4か月の勉強で国家資格「応用情報処理技術者」に一発合格。
直接指導した生徒では3か月で英語の偏差値が12.6上がるなど、実績多数。

 

柔道黒帯。

 

YouTube→コチラ
Twitter→コチラ

 

あなたも「ごぼう抜き」を果たしませんか?

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます!

 

 

このノウハウを、友達にも教えてあげてください♪

ツイートボタンと「いいね!」はこちらから↓↓↓
 

関連ページ

合格する受験生の勉強スケジュール
合格する受験生の勉強スケジュールについて紹介します。
高1の勉強戦略
高1の勉強戦略を紹介します。
高2の勉強戦略
高2の勉強戦略について紹介します。
高2の1月の勉強
高2の1月の勉強について紹介します。
高2の2月の勉強
高2の2月の勉強について紹介します。
高2の3月の勉強
高2の3月の勉強について紹介します。
春休みの勉強
春休みの勉強について紹介します。
4月の勉強
4月の勉強について紹介します。
5月の勉強
5月の勉強について紹介します。
ゴールデンウィークの勉強
ゴールデンウィークの勉強について紹介します。
6月の勉強
6月の勉強について紹介します。
7月の勉強
7月の勉強について紹介します。
8月の勉強
8月の勉強について紹介します。
夏休みの勉強
夏休みの勉強について紹介します。
9月の勉強
9月の勉強について紹介します。
10月の勉強
10月の勉強について紹介します。
11月の勉強
11月の勉強について紹介します。
12月の勉強
12月の勉強について紹介します。
受験生の冬休み
受験生の冬休みについて紹介します。
受験生の正月
受験生の正月の勉強について紹介します。
1月の勉強
1月の勉強について紹介します。
2月の勉強
2月の勉強について紹介します。
未履修範囲は〇月までに終わらせろ!
受験勉強において未履修範囲が残っていることは本当に危ない!ここでは未履修範囲をいつまでに終わらせるべきかを紹介します。