公民の勉強法 | 偏差値を3か月で10上げる京大模試全国1位の合格をつかむ受験勉強法

100ページを超える勉強ノウハウ集『合格虎の巻』無料プレゼント中

公民の勉強

現社・政経・倫理の勉強法

 

公民は軽く勉強して、軽く点を取ろう!

こんにちは、シノハラです。

 

公民の勉強はやりすぎることなくやりましょう!

 

まずは、簡単な勉強から。
日本史・世界史・地理の勉強は普通にしていると思います。
そこから分かる問題もあるので、まずそこで得点していきましょう!

 

次に、公民の勉強は教科書、または1冊の参考書で勉強しましょう!
あまりやる必要はないです!

 

あとは、新聞やニュースの時事問題をおさえることですが、これは僕はやらなかったですね。

 

もちろん京大は公民がいらなかっただけなので、これじゃ不満だ!という人もいるでしょう。
そういう人は、他の教科同様、がんばってください!

入試の時事問題対策方法

時事問題にラクに強くなる方法

 

公民や小論文の論述は、さくっと覚えてしまおう!

公民や小論文の試験で、時事について問われることがあります。
特に、小論文は知らない話題が出題されたら、大きく得点を落としてしまうことになります。
そこで、今回は、時事問題に強くなれるラクな方法を説明します。

 

参考書等では、時事問題対策として、新聞を読むことや、テレビのニュースを見ることを勧めています。
けれども、これは受験生にはお勧めできません。

 

それは、受験生は時間がないからです。
高校1年生は、まだ受験まで余裕があるので、新聞の1面を読むことが将来の力になるかもしれません。
けれども、受験生には、もっと簡単にニュースが読める方法をお勧めします。
それは、スマホを使って、ニュースアプリ(スマートニュース等)やツイッターのニュースを読むということです。
時事問題は、その日のトップニュースについて抑えておけば、ほぼ大丈夫です。
今年度で言えば、憲法9条については試験に出るかもしれません。

 

受験生にとって時間を上手に使うのは、重要です。
もし自分にスマホ禁止令を出していなければ、ぜひ、スマホで手軽にニュースをチェックしてください。
ちなみに、僕も時々ツイッター(@shikonomi)で時事問題をツイートしているので良かったらフォローしてください。

 

読んでいただき、ありがとうございました♪

 

著者プロフィール

 

篠原 好

 

世界のシノハラ。
京大模試全国1位を獲り、京都大学総合人間学部(文系)に合格。
また早稲田大学政治経済学部にもE判定から1か月で逆転合格。
この経験をもとにYouTubeで勉強ノウハウを配信し、1500万回再生を突破する受験戦略家。

 

高校生の頃は英語の小テストをカンニングで乗り切り、化学で学年最下位を取る。
大学受験をナメており、現役での受験は失敗。
1年の浪人期間中に試行錯誤の中で「勉強戦略」を立て、最高偏差値84.9を獲る(数学)。

 

京大在学中にゼロからはじめて4か月の勉強で国家資格「応用情報処理技術者」に一発合格。
直接指導した生徒では3か月で英語の偏差値が12.6上がるなど、実績多数。

 

柔道黒帯。

 

YouTube→コチラ
Twitter→コチラ

 

あなたも「ごぼう抜き」を果たしませんか?

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます!

 

 

このノウハウを、友達にも教えてあげてください♪

ツイートボタンと「いいね!」はこちらから↓↓↓
 

関連ページ

受験社会の攻略法
社会の勉強は暗記です。しかし、それを忘れると、社会の勉強はうまくいきません。いかに攻略するべきか、紹介します。
日本史の勉強
京大日本史を突破した私の日本史勉強法を紹介します。
世界史の勉強
センター試験で91%を取った私の勉強法を紹介します。
社会の論述問題対策
社会の論述問題は面倒くさいですが、確実に対策すれば他の受験生よりはマシな点を取ることができます。ここでは社会の論述対策を紹介します。