頑張ったのに結果が出ない時 | 偏差値を3か月で10上げる京大模試全国1位の合格をつかむ受験勉強法

100ページを超える勉強ノウハウ集『合格虎の巻』無料プレゼント中

三カ月、頑張ろう!

諦めるにはまだ早い!

 

頑張っても報われない時の対処法

こんにちは、シノハラです。

 

1ヶ月頑張ったのに成績が上がらない経験はありませんか。

 

1ヶ月というと長い期間のように感じますが、実はそんなに長くないんです。
例えば15歳の人は今までに180か月の人生を過ごしています。
その人にとって1ヶ月と言うのは人生の約0.5%でしかないんです。
1ヶ月頑張ったとしても今までの人生をひっくり返すのはほぼありえないとわかりますよね。

 

だから1ヶ月ではなく3か月頑張ってください。

 

3か月でも人生を大きく変えることはないと思います。

 

しかし勉強においては大きな差になります。
なぜなら1ヶ月頑張れる人は結構いるけど、3か月頑張れる人はかなり少ないんです。
それは1ヶ月頑張っても結果が出なくてどうせ変わらないんだと諦める人が多いからです。
つまりそこで頑張れば他の受験生との差を付けることが出来るんです。

 

さらに1度でも3か月勉強し続ける事が出来れば、次また勉強の機会があっても3か月頑張ろうと思えるようになります。
3か月で成績が変わった結果を経験しているからです。
1ヶ月で成績が変わらないことはよくあります。
その理由は単純に勉強の期間が短いだけなんです。
だからもっと期間を長くして、最低でも3か月頑張ってください。

 

そうすれば、きっと勉強に対する見方も人生観も
大きく変わると思います。

 

勉強しているのに結果が出ないなら、まず「3か月」頑張って!!

諦める前に

 

3か月が正念場

こちらは勉強しているのに結果がイマイチでない人のための動画です。
結果が出ない、ついてこない人に篠原が伝えたいのは
3か月頑張ってくださいという事だけです。

 

人によって多少の日数の差は出ますけど、
まずはとにかく3か月努力し続けて頑張ってください。
受験において最も辛いのはこの3か月です。
中々成績が上がらないので自分に自信が無くなるし、勉強に対するやる気も失せてきます。

 

しかしこの3か月頑張り続けられると成績が上がる実感を感じられ、
もっと勉強しようという意欲が沸いてきます。
そしてその3か月間で自分に何が足りないのか、
3か月前の自分と比べて何ができるようになったのかを比較できるようになり、
勉強の方法がより明確になってきます。
勉強を始めて最初の3か月が踏ん張りどころです。

 

ここを頑張り続けるのに必要なのは、とにかく気合と根性です。

 

勉強の成果というのはすぐには出てきません。
3か月遅れてやってくるんです。だからこの3か月をとにかく気合と根性で乗り切りましょう。
受験直前に焦って勉強し始めても間に合うわけがない
という事だけはしっかりと覚えておいてください。

成績が伸び悩んだ時の対処法

成績が伸び悩んだ時の2つの対処法〜努力が報われない時に知っておきたいこと

 

あなたは成績が伸び悩んだ時期というのはありますか?

今回はそんな成績が中々上がらない時期に
どうすれば良いか
というのをご紹介します。

 

成績というのは勉強すればするほど上がるわけではありません。
常に一定の成果があるわけではないんです。

 

だから成績が伸び悩む時期というのは誰にでも存在します。
その時期をチャンスと考えるのが大事です。
伸び悩む時期は誰にでもあるんですから、そこで諦める人も多くいるんですよ。
だからその時期を耐えることが、
ライバルに差を付けることが出来るチャンスだと考えるようにしてください。

 

そして基本に戻ってください。
成績は標準問題から応用問題に取り掛かるようになる時期に伸び悩みがちです。
なぜなら応用問題に取り組む時に基本が出来ていないことがわかる時があるからです。
その基本の復習をするためにも基本に戻りましょう。

 

また基本の問題は解けるので自信にも繋がります。
そういった自信がモチベーションにも繋がりますので、
基本に戻って勉強することは非常に重要です。
成績が伸び悩む時期というのはチャンスだと思って、
諦めずに解けない問題が出てきたら解ける基本問題に戻りましょう。
諦めて何もしないのが何よりも問題です。

 

成績が伸び悩む理由と解決法

壁を突破して偏差値を上げよう!

壁を乗り越える技術

 

かならずやってくる逆境に強くなる方法

壁は必ず存在する
壁を感じる受験生に、どうすればその壁を突破できるのかをご紹介します。

 

壁を感じたらまずはそのことを成長した証だと、誇りに思ってください。
なぜなら昔のあなたはそもそも壁がある事すら知らなかったはずですから。
壁のあるところまで勉強を続けて進み続けてきたから壁にぶつかれたんです。

 

だから壁にぶつかっても恐れないでください。

 

今まで自分がやってきたことが間違っていなかったんだと自信に繋げてください。
そしてそれを壁を壊す力に変えてください。
基本的に壁を壊す方法はゴリ押ししかありません。
実際の壁を考えてみてください、壊すためにはそれ相応の力が必要ですよね。
だから受験生は力を身に付けるために復習しましょう。

 

そうすれば自分はまだ力を付けられることに気付けるはずです。

 

壁を壊すにはとにかく力が必要です。

 

そしてその力を何度も使う必要があります。
だから疲れた時は無理をせず休みましょう。
そして万全の状態で力いっぱい壁にぶつかっていきましょう。
壁を壊すにはとにかくあなた自身の力を付けるのです。
その勉強した努力が壁を壊してくれます。

 

受験生の多くはその壁にぶつかって諦めてしまいます。
ライバルと差が付く大事な部分ですので、必ず壁を壊して進みましょう。

スランプから抜け出す方法を紹介します

勉強スランプの対処法

 

スランプに突入したら、とにかくあがく!

受験勉強をしていて中々成績が上がらない、スランプに陥ったことはありませんか?

 

今回はそのスランプからの脱出法をご紹介します。

 

スランプと言うのは必ず来ます。
成績と言うのはやればやっただけ結果が出るわけではないからです。
この伸び悩む時期と言うのは受験生全員にやってくると言って良いです。
そういう時にどうすれば良いかというと復習をすることです。

 

まずスランプになる時と言うのは壁にぶつかった時です。
おそらく解けない問題が出てきた時がスランプだと感じる時だと思います。
解けない問題ばかりやると言うのは絶対に苦しいし、自信を無くすと思うんですよ。
なので復習をしましょう。解ける問題をやることでまず自信を取り戻しましょう。
そして復習をすると、今まで見落としいて穴を見つけることが出来ます。
それがスランプ脱出するための鍵になりますので、
必ずスランプになった時は復習をしましょう。
スランプと言うのはどんな人にもやってきます。

 

プロのスポーツ選手だってスランプになります。
スポーツ選手のスランプはやれることを全部やっても解決しないことがあります。
何をやってもダメと思わされるからスランプなのです。

 

しかし受験におけるスランプでこうなることはほとんどないです。
必ず参考書をくまなく勉強すればスランプ解決するので、
やれることを全部やってスランプから抜け出しましょう。

頑張っている受験生に知っておいて欲しい受験勉強の真実

つらいかもしれないけど、「受験ってそんなもんさ」

 

頑張ることが目的になっていませんか?

 

その頑張りは本当に正しいの?

受験生の中には、非常に頑張る人が多いです。

 

もちろん頑張ることは非常に素晴らしく、美しいことでしょう。

 

しかし、頑張っていることは、必ずしも正しいとは限りません。

 

というのも、努力している人に限って、
「努力すること」が目的になりがちだから
です。

 

英単語を紙に書くのは、英単語を覚えるためです。
手が痛くなることではありません。
数学の問題集を買うのは、数学の解法を1つでも多く覚えることです。
自己満足のためではありません。

 

頑張っているときに、頑張っている自分が好きで、
努力することが目的になっていませんか?

 

努力は合格の手段です。
目的ではありません。

 

これを、よく自覚して、勉強していきましょう!

 

読んでいただき、ありがとうございました♪

 

著者プロフィール

 

篠原 好

 

世界のシノハラ。
京大模試全国1位を獲り、京都大学総合人間学部(文系)に合格。
また早稲田大学政治経済学部にもE判定から1か月で逆転合格。
この経験をもとにYouTubeで勉強ノウハウを配信し、1500万回再生を突破する受験戦略家。

 

高校生の頃は英語の小テストをカンニングで乗り切り、化学で学年最下位を取る。
大学受験をナメており、現役での受験は失敗。
1年の浪人期間中に試行錯誤の中で「勉強戦略」を立て、最高偏差値84.9を獲る(数学)。

 

京大在学中にゼロからはじめて4か月の勉強で国家資格「応用情報処理技術者」に一発合格。
直接指導した生徒では3か月で英語の偏差値が12.6上がるなど、実績多数。

 

柔道黒帯。

 

YouTube→コチラ
Twitter→コチラ

 

あなたも「ごぼう抜き」を果たしませんか?

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます!

受験生の不安や焦りの気持ちから、自信を取り戻す方法

 

このノウハウを、友達にも教えてあげてください♪

ツイートボタンと「いいね!」はこちらから↓↓↓
 

関連ページ

才能なんて関係ない!天才に勝つ受験勉強法
受験勉強をしていると「才能」の壁にぶつかることがあります。では、受験に才能は関係あるのでしょうか?天才たちに勝つための勉強法を紹介します。
受験の必勝法「合格の方程式」を解いて志望大学に受かる方法
受験には「必勝」の合格の方程式が存在します。ここでは受験成功のために必要な努力を因数分解し、あなたの成績を飛躍させる方法を紹介します。
「素直」になれば合格する〜我が強いあなたの勉強法
受験生は「素直」になれば、合格します。我の強さは重要ですが、素直さも重要です。合格するメンタルをもって勉強していきましょう。
勝てる受験生と頭がいいだけの受験生の違い〜強い受験生になる方法
受験における勝ち負けは「合格」「不合格」というかたちできっちり明暗が分かれます。ここでは、勝てる受験生と、勉強したけれども結果がついてこなかった受験生の違いを紹介します。
学校の先生は絶対に教えてくれないヒミツの勉強法
学校の先生は「学校運営」の立場から、本当は効率が良くても教えてくれない勉強の仕方があります。あなたは学校の都合を考えなくても大丈夫!偏差値を上げて、合格実績を出しましょう!
くそまじめを捨てろ!「脱まじめ」勉強法で合格と要領の良さをつかめ!
長時間勉強したり、ただつらいことをやることは、合格を遠ざけてしまいます。まじめでえらいのは小学生まで。結果が出せる勉強こそが、素晴らしい勉強なのです。
「完璧主義」になってはいけない!勉強における「手の抜き方」
完璧主義ではなく、合格すればOKという考え方が大事です。ここではいかに受験勉強を効率よくするために、自分に厳しくなりすぎない方法を紹介します。
苦手教科の克服法〜「苦手」のない人が受かるからこそ嫌いでも点を取れ!
苦手教科を放置していてはいけません。嫌いな教科でもある程度は獲れるようにしておきましょう。苦手教科の勉強法と、なぜ放置してはいけないのか紹介します。
逆転合格をつかむために必要なコト
逆転合格するためには合格する強いメンタルが必要です。逆転合格のための唯一の方法を紹介します。
絶対に「不合格」になる、やってはいけない勉強
こんな勉強してたら「落ちるぞ!」「不合格になるぞ!」という勉強法を紹介します。あなたはこんな勉強をしてはいけません!
勉強がつまらなくて、つらい、その本質とは?
勉強がつまらないからこそ、つらい。でもその本質は決まっています。だからこそ、京大生が考える「勉強のつまらなさ」への答えを紹介します!
受験生の不安や焦りの気持ちから、自信を取り戻す方法
受験生に焦りや不安はつきものです。自信がなくなってしまうことも多くあるでしょう。だからこそ、メンタルの調子を早めに取り戻す技術を知っておくことで、さらに勉強を加速させることができます。
受験と人間関係〜親・友達・恋人との付き合い方
人間関係が悪いと、勉強に集中できません。保護者と喧嘩したり、友達付き合いや彼氏彼女との付き合い方が下手だと、受験勉強にも良い影響はありません。対策を紹介します。
「勉強がめんどくさい」をブッ飛ばせ!
勉強は面倒でやりたくないものですが、そんな気持ちをブッ飛ばしましょう!!
要領よく勉強する方法
受験は要領よく勉強することが必要ですが、それができないから困っているんですよね。京大生がどうやって勉強すれば要領がいいか紹介します。
合格する受験生と落ちる受験生の特徴
合格をつかむ受験生の勉強と、落ちる受験生の勉強の違いと、その特徴について紹介します。どうせ勉強するなら合格できる勉強をしましょう!
将来「やりたいこと」がない中高生に伝えたい「勉強」の意味
将来に悩んでいる人ほど一生懸命勉強をしてください。今見つからない夢も、難関大に合格し将来の選択肢が広がった後ではきっと見つかると思います。
なぜ勉強するのか、本当の理由
なぜ勉強するのか。疑問に思ったことはありますか?受験における成功体験は人生のあらゆる場面で活きてきます。今後の人生のためにも合格をつかみ取りましょう。
中高生に贈る「座右の銘」
みなさんは「座右の銘」をお持ちですか?励みになる言葉を持つと勉強にも熱が入ります。今回ご紹介する言葉をぜひ言葉を覚えていってください。
ポジティブシンキングでいこう!
受験において大切なポジティブシンキングについて話します。前向きに頑張って、しっかり成績を上げていきましょう!
勉強法の勉強法〜正しい勉強法を見つけるためのノウハウの仕入れ方・使い方
あふれかえりすぎている勉強法をいかに勉強し、習得するべきかについて紹介します。勉強法の勉強法をマスターして、より効率の良い勉強をしていきましょう!